トップ / 歯科へ何日通う期間か

歯科治療の期間について

歯科治療の期間は1日で終わるものから数ヶ月以上かかるものまで様々です。例えばひどい虫歯の場合、削った後の歯に被せ物を作り、それを注文して届くまでに数日から一週間、さらに被せ物の状態を使ってみて、使い心地を確認するためにさらに数日かかるなど、それだけでも一週間以上かかります。さらに虫歯の数が多いと、本数に応じて必要な時間は増えていきます。また虫歯の程度がひどく根幹治療が必要な場合は、さらに長くなる可能性が高いです。そんな長い間、同じ歯医者さんにお世話になるのですから、歯科選びはとても大切です。自分に合った歯医者さんに選べる様、慎重に選びましょう。

歯の治療期間は長すぎる

1本の歯が虫歯になってしまうと、進行具合にもよりますが、日本では治療開始から完治するまでかなり期間を要することがあります。一方、海外の歯科では、虫歯の程度や医師の技術はともあれ、診察を受けたその日のうちに虫歯の治療が完了します。仕事をしている人にとっては、歯科に通う時間がないため長期にわたって通院することになったり、途中で挫折して通院することを止めてしまうケースもあるため、海外のスピーディーな方法が、現代の日本人には合っているのではないでしょうか。しかし、日ごろから歯の予防や、定期的な検査を受けておけば、通院することを回避できるのです。

あなたのための歯科情報